金欠女子こそ不動産投資でゼロからセレブ女子に

金欠女子こそ不動産投資でゼロからセレブ女子に

金欠女子がゼロからセレブ女子になる方法

美容や健康など、何かとお金が掛かるのが女性と言うもの。

食べ物は我慢しても、毎月のネイルと美容院代は削りたく無い。

自分の肌にはこの化粧品が合うから、高いけど他のものは使えない!

など妥協したく無いお金が多いのが女性です。

「毎月一切我慢する事なくお金を使うことが出来たらどんなに楽しい生活が送れるだろうか」とは誰もが一度は考えたことがあるでしょう。

私は、1000人を超える女性のFP相談を経験して来ましたが、収入が高くても貯金が無い人もいますし、収入がそこまで高くなくても貯金を沢山している人もいます。

しかし私はお客様に貯金は最低限で良いとお伝えしています。

毎月のお金はなるべく毎月使い切って良いと考えています。将来の貯蓄も必要ですが、目の前の生活を充実させることも重要です。

なぜ私がそんなアドバイスが出来るかというと、中長期的なお金は貯金ではなく、不動産投資という形で実現可能だからです。

不動産投資は、自分のお金をいかに使わないかが重要です。

投資なのに自分のお金を使わない唯一の手法が不動産投資です。自己資金を使わずに、大きな資産形成が出来るのですから、金欠女子ほどやるべきだと考えています。

 

金欠女子のままか、ほんの僅かなリスクをとってセレブ女子を目指すか

例えば、毎月5万円貯金したとします。

30年で、1800万円の貯蓄が出来ます。

良く考えて貰いたいのですが、1800万円で老後何が出来るでしょうか?と言うことなのです。

1月も欠かさず5万円貯金し続けて貯まる金額が、1800万円なのです。

結婚、出産、子育て、退職など様々なライフステージがある女性にとって毎月欠かさず5万円を30年間貯め続けることはなかなか難しい問題です。

貯金だけでなんとかなる時代は終わったのです。

終身雇用、年功序列の賃金制度、女は専業主婦で自分固有の資産は持っていない、基本的に離婚はない、など明らかに今の時代背景とは違いすぎます。

今は時代の転換期です。

もしあなたが、いまだに頭の切り替えが出来ずにリスクは取らず貯金だけと言う認識であれば、将来経済的に悲惨な状況になる可能性もあるのです。

貧乏な老人ほど悲しい人生はありません。

お金があれば独居老人でも仲間と楽しく過ごせます。しかし、貧乏は独居老人ほど悲惨な老後は無いのです。

しかし、このままでは日本は将来貧乏な独居老人で溢れかえる可能性があります。

少なくとも、死ぬまで働き続けるライフスタイルが当たり前の世の中になってきているのです。

私の所にFP相談に来られる女性の、殆どが「将来のお金の不安の解消」を目的として来られます。

有効なお金の運用の仕方からまず分からないと言う事なのです。

FP相談に来られた後は、ワクワクした気持ちで帰られます。資産運用は知識と情報の世界です。

努力や根性など全く関係ありません。知っているかどうかだけなのです。

金融について知識がない人ほど、自分の知識の延長線上で物事を考えがちです。

つまり、銀行預金よりも少し増えるものは信用出来るけれど、圧倒的に増えるものは初めから情報自体をシャットアウトしてしまうのです。

そんなものが世の中にあると思っていないからです。

一昔前なら、それで良かったのです。年金がありますので2,3000万円の貯金があればなんとかやっていけたからです。

しかし、これからは2,3000千万円の貯金があったところで全く足りない世の中なのです。

 

一般消費者の不動産投資の知識は間違いだらけ

不動産投資を金欠女子にすすめる理由は、自己資金を必要とせず大きな資産を持てる点です。

数ある金融商品の中で、毎月積立たり、多額の元本を必要としない投資は唯一不動産投資だけです。

それだけでも、検討するに値する話なのですが、重要なのはリスク管理です。

この部分で、一般消費者は多くの勘違いをしています。

例えば、空室リスクです。

空室になった場合家賃が入ってこないと考えている人がいますが、そんなことはありません。

家賃保証契約という契約事項がありますので、それを活用します。

勿論、入居率は高い方が良いですので、空室のままで良いと考えるわけではありません。しかし、家賃収入を目的とする一般投資家にとって空室リスクはそれほど大きなリスクにはならないのです。

大事なのは、初めの段階で戦略を練っておくことです。そして計画通りにすすめるために適した物件選びをすることなのです。

また、物件価格の下落も心配する人がいますが、それはプロの売買業者などが心配する話です。

そもそも、目的は家賃収入です。安く仕入れて高く売った売買益を目的とする業者であれば、物件相場を気にするかもしれませんが、家賃収入を目的とする一般投資家にとってはあまり関係ありません。

なぜなら、物件価格が下落したからといって家賃は下がらないからです。

物件価格と家賃には殆ど相関関係がありません。家賃は緩やかに下がっていきます。

もし、運よく物件価格が上がれば売却利益を得ることが出来ます。もし、物件価格が下がってもほっておけば良いのです。

そもそも、長期保持して家賃収入を得ることが目的で、予定通りなのですから。

不動産業務には色々ば業態がります。管理業者、売買業者、仕入れ業者、建築業者、賃貸業者などです。

それぞれの立場によって業務の特性は全く異なります。

ですから、話がゴッチャになりやすいのです。

FP相談でも、納期や決算が決まっているプロの業者の話と一般投資家の話をごちゃ混ぜに考えている人が大変多いと感じます。

 

不動産投資をはじめれば、毎月14万円貯金しているのと同じ

例えば、毎月5万円貯金したとします。

30年で、1800万円の貯蓄が出来ます。

良く考えて貰いたいのですが、1800万円で老後何が出来るでしょうか?と言うことなのです。

1月も欠かさず5万円貯金し続けて貯まる金額が、1800万円なのです。

結婚、出産、子育て、退職など様々なライフステージがある女性にとって毎月欠かさず5万円を30年間貯め続けることはなかなか難しい問題です。

それに対してあなたが例えば、銀行融資を受けて不動産投資をしたとします。

65歳から家賃収入が毎月20万円入ってくるとして、平均寿命の86歳まで受け取り続けると、

20万円×12ヶ月×21年=5040万円

不動産投資では自己資金はほとんど使いません。

30年間で5040万円貯金しようとすれば、毎月14万円貯金し続ける必要があります。

つまり、不動産投資では殆ど自己資金を使わないにも関わらず毎月14万円の貯金をしているのと同じ資産状況を作り出すことが出来るのです。

これは株やハイリスクの投資信託で大成功するに等しい投資効率です。

それを株などのハイリスク投資よりも遥かに低いリスクで安全に作ることが出来ます。

このような資産運用は不動産投資を除いて他にありません。

不動産投資のリスクの低さはリスク管理手法の知識が重要ですが、銀行が融資をする時点でかなりリスクが低い証拠です。

なぜなら銀行は、回収できる見込みがないものには絶対にお金は融資しません。

投資資金に対して、銀行がお金を貸すのも不動産投資のみなのです。

 

不動産投資でセレブ女子になった人は意外に多い?

現役中から労働せず、悠々自適に生活している人は意外といます。

逆に言えば、労働せずお金も時間も自由に過ごしている人は、大抵が不動産を所有している人です。

会社経営者であっても、優良企業は必ず優良物件の家賃収入があります。

働かずして収入を得る方法は他にもあります。

特許を取る、ITシステムを作る、アフィリエイト、会員制ビジネスのオーナーなどです。

しかし、どれも作り出すまでの手間と労力が必要で、限られた人間にしかなし得る事は出来ないものばかりです。

しかも、一度作ったとしてもメンテナンスやアップデートなどがある程度必要で、本当に労働が必要ない所得ではありません。あくまでも10年間などの期間限定の不労所得です。

それにひきかえ、不動産の家賃収入は限りなく理想の不労所得に近いです。

しかも、本当に労働が必要ないのです。必要なのはリスク管理の知識と情報のみです。

つまり、再現性が非常に高いということが言えます。同じやり方をすれば誰がやっても同じ結果になります。

私は、この世の中で一番簡単で確実に不労所得を作るのは不動産を所有することだと確信しています。

手法やリスク管理について情報収集したい方は、私のFP相談に問い合わせして下さい。

スキームなど詳しくお伝えします。