投資超初心者の為の「資産運用の3矢戦略」

資産運用初心者のための資産の3矢戦略

初心者にすすめる「資産運用の3矢戦略」


初心者のすすめる資産運用の3矢戦略」

資産運用の3矢戦略メリット


  • 基本的にライフプラン上のあらゆる状況を想定している為、とてもバランスの取れた資産形成が出来る
  • 短期トレードの様な画面を監視するなどの必要は一切ない為、面倒臭がりな人や時間を有効に使いたい人に向いています
  • 自己資金を最小限に抑える事が出来る(自己資金が無い人でも十分な効果を得られる)
  • 株やFXなどと比較してローリスクハイリターン。安全確実に資産運用したい人向け
  • 短期、中期、長期の3つの期間に分けて長期的な資産運用を目指す為資産運用のベースが完成する
  • 大きな資産形成を達成する事を目標にしますが、何よりもあらゆるリスクを想定したリスクヘッジを重要なポイントと位置付けている為スタート後の精神的なストレスはほぼありません。長く継続して安心して資産運用し続ける事が可能です


資産運用における常識を捨てた方が良い理由

私は、趣味や楽しみのお金を我慢し、人生の質を落としてまでお金を増やす為に毎月積立しなければならないとは考えていません。

「年金がないかも知れないのにそんな事を言っている場合じゃないです」という方もいると思います。

無いとは思いますが、万が一明日死んだら単純に勿体無いと思いますし、理想は生活水準をなるべく維持したまま大きく資産形成していく事です。

少なくとも毎月使いたいお金を我慢したからといって大きく資産を増やせるかというと必ずしもそうではありません。

これからは単純に銀行預金しているだけでは、いくら貯金しても足らなくなります。

今はそういう時代です。


特に、年齢が20代、30代の方は自分が将来どの程度の年金を貰う事が出来るのかを調べて欲しいのですが、とても生活できる年金額は貰えません。国は5年に一度財政検証という年金制度の見直しを行なっていますが、今後さらに年金受給額は減っていくでしょう。

今までのサラリーマンの常識では、「老後は年金生活を送る」でした。

しかし、これからは「老後は年金では生活できないので生涯現役生活を送る」という世の中になっていきます。


考え方を180度変える必要があります。

今までのライフプランでは、子供が社会人になり手がかからなくなってから、老後の貯金を初めて、65歳で定年し、退職金で住宅ローンの繰り上げ返済を行い、余った退職金でリタイア旅行に行き、最後の10年間位で貯めた貯金と生活費は年金で賄うという今まで日本人が当たり前のように考えてきたライフプランです。

今までは、金融についての知識や情報が無くてもなんとかなる時代でした。

しかし、これからは少しでも早く成功する資産運用術について方法論などを知る必要があります。

このサイトでは、今までの常識にとらわれることなく、「サラリーマン向け、資産の3矢戦略」をテーマに情報配信しています。


「年金で生活出来ない」は想像以上に深刻

サラリーマンにとって老後の年金は日本人にとって、最強の不労所得です。

不労所得とは労働を伴わない収入の事です。

現役中に保険料さえ収めていれば誰でも全く労働の必要なく、貯蓄の必要もなく、年金という収入を貰い続ける事ができます。

例えば、年金月額30万円をもらっている人は、30年間で1億800万円もらえる事になります。

つまり、65歳で退職したと同時に1億円の貯金を国から貰えるのと同じです。




しかも生きている限り必ず貰い続ける事ができます。

このような所得は他にありません。

年金は世の中で最強の不労所得と言えます。

それが激減しているのが今の世の中です。

私は35歳ですが、将来貰えるね金額は年収で186万円です。今後さらに減額され続けるでしょう。

年金という不労所得が無くなるという経済的ダメージは想像以上に大きいです。

1億円の貯蓄ができる人がどの位いるでしょうか。

恐らく殆どいません。

つまり年金が無くなるということは、労働して補填するしか選択肢が無くなる訳です。

だからこそ、今までの常識通り銀行預金をはじめとした全くノーリスクの金融資産しか所有していなければ、労働し続ける事になりますし、悠々自適な老後を送ることは不可能です。もっと大きく資産を増やしていく方法を学び、実践していく人のみが悠々自適な老後を迎える事ができるでしょう。

資産運用術を学ぶ前に先ずは損しない事が大事

例えば、人生で1番高い買い物は「家」です。

住宅ローンの金利が1%下げるだけで数百万円単位で節約出来ます。

全国には1000以上のローン商品があります。

一番安い所と高い所では2%以上違います。

また人生で2番目に高い買い物は「生命保険」です。

実は世の中の約60%の方は「更新型」という仕組みの保険に加入されています。

もう1つ「全期型」という仕組みがありますが、内容は全く同じで「更新型」を「全期型」に変えたあげるだけで、1000万円以上保険料を節約出来ます。

このような話は大げさでもなんでもなく現実に起きている話です。

家と保険は人生で1番と2番に高い買い物です。

だからこそ、買い方を間違えてしまうと、資産効率は恐ろしく低下する原因になるのです。

家と保険の合計で単に2000万円損する話ではありません。

その資金を運用に回せば、さらに資産効率があがります。

私は常々思っていることは、「世の中の消費者は信じられない位損している」という事です。

また銀行預金も損してしまう時代です。

普通預金も定期預金も0%台の金利です。

貯金が増えるどころか、時間外手数料や振込手数料を回収することさえ出来ない可能性があります。

0.1%の利息だったとして100万円預けてつく利息は1000円ですから、3回他行へ振込すれば手数料の方が高くなってしまいましから。

銀行預金は元本割れの金融商品であることを認識しておく必要があります。

普通お金を預ければ増えて返って来るものですからお金を貸し他のに、減って戻って来る商品に預けるなんてあり得ない状態です。

また専門家に話を聞かず独学で資産運用しようとするのはやめた方が良です。

沢山の金融商品がありますが、必ずしもお客様に儲けてもらう商品ばかりではありません。

寧ろ、販売することによって業者に利益が無い物は世の中に販売されていないと言うのが原理原則です。

証券会社は顧客に利益をもたらすことではなく、取引手数料で儲かる会社でもあります。

大事なのはその仕組みなどを分かっておかないと結局は対して貯蓄も増えないし、無駄な時間とお金を浪費してしまう事にも繋がるからです。

それは素人にはなかなか分からない話です。


サラリーマンに特化した資産運用の成功法則や考え方など必ずプロの話をきくことを強くおすすめします。

資産運用の成功法則

資産形成するために必要なものは、「知識」と「情報」です。
難しい話ではなく、「知識」と「情報」さえあれば、誰でもできるという事です。



特別なスキルやノウハウなどは必要ありません。

もちろん努力と根性があれば貯蓄が増えていくはずもありません。

肝心なのは貯蓄を増やすための正しい方法論を知っているかどうかという点です。

もちろん会社員と自営業では戦略が変わったりはします。

しかし、金融資産を増やしていく為には、正しい「知識」と正しい「情報」さえあれば誰でも可能です。

日本人は、うまく行かないことを努力でなんとかしようとする習慣が染み付いています。

うまく行かない方法はいくら上達しても所詮はうまく行かない方法です。

うまくいく方法は、大した努力をせずともはるかに良い結果をもたらします。

さらに努力すれば劇的に成績が良くなります。

正しいやり方とは、取り組んだ瞬間に手応えを感じるものです。

うまく行かないことをなんとかうまく行かせようと努力する事ほど勿体ない事はありません。

中には反対の努力をする人もいます。

東京から福岡を目指して東北新幹線に乗るようなものです。

いくら一生懸命に努力しても、反対を向いていては全く効果はないでしょう。

資産運用の成功成功法則を知る事はそれほど重要な事なのです。

簡単に一気にワープするほどのインパクトをもたらしてくれます。

アーリーリタイアも可能

年金がない!サラリーマンが貯蓄を大きく増やす方法

投資にはレバレッジというものがあります。投資効率です。

支払ったお金に対して、いくらのリターンがあるのかです。

足し算にはレバレッジは効きません。

貯金が代表例です。

毎月1万円を貯金すれば、30年で360万円です。

世の中には同じように、毎月1万円支払って、3000万円以上の資産になるものもあります。


1万円支払うのは同じですが、どこに支払うかで360万円になるか3000万円になるかの違いが生まれます。360万円と3000万円の違いは知識の差のみです。



努力や根性は全く関係ありません。

もう1つ正しい「知識」と「情報」が必要な理由があります。

それはリスクヘッジする為です。

リスクを管理する事です。

レバレッジが効く投資にはリスクがつきものです。

しかし、リスクに事前に対策を打つことが可能なものも沢山あります。

つまり多くの方がリスクだと思っている事が、「知識」と「情報」がある人にとってはリスクではないという状況が生まれます。

リスクは誰にとっても同じではないのです。

知識がある人間からすれば、全くリスクに感じない状況が生まれます。

正しい知識と情報さえあれば、初心者が資産運用で成功しアーリーリタイアする事は十分可能です。

最悪のリスクが起きても最小限の損失で止める事ができるからです。

私の資産効率最大化の一番重要な哲学は、「守りを固める」という事です。

私自身が慎重な性格ですし、不明な点が1つでもあれば絶対に手を出さないです。

少なくとも、貯金ではどうにもならない世の中なのは間違いないです。

今までの常識や運用方法など通用しない時代になっています。

今後は、勝ち組と負け組の2極化がはっきりと分かれてくるでしょう。

勝ち組と負け組という表現は適切ではないかもせれませんが、老後に定年できる人と一生働き続けなければならない人に分かれるという事です。大多数は年金で生活できず働き続ける事になるでしょう。

経済的自己防衛が必要な時代

今なぜ、年金制度が崩壊しているかというと理由は簡単です。

日本は収入(歳入)が減ったにも関わらず支出(歳出)を減らさず借金でまかない続けたからです。

ではなぜ支出を減らせなかったのかという点に根本的な要因があります。

それは日本の政治が高齢者を優先せざるおえない事情があるからです。

今80、90代の年金受給者は年金だけで年収500万円を超えている人も多くいます。

年金で貯蓄を増やしている人までいます。

毎年100兆円の国家予算のうち半分は借金(国債)でまかなっている状況です。

ちなみに年金の原資は総額で50兆円ですから、年金は丸々借金で支払っている事になります。年金は国にとって最大の支出に当たります。

予算の半分を占めているのですから。

そんなキャッシュフローの状況なら、本来であれば今すぐにでも年金は大幅にカットするべきです。

しかしそれはできません。

年金を減らすと宣言した時点でその政治家は落選するからです。

日本という国は、高齢者を最優先した政策しか実現できない仕組みになってしまっているのです。

そこに本質的な問題があります。

最終的にツケが回ってくるのは我々今現役世代の人間です。特に20代、30代の世代はそのツケが最大になる年代です。

つまり今の日本は、現役世代からお金を吸い上げて湯水のごとく高齢者(年金受給者)に渡しているのです。

だからこそ、我々は自分自身を経済的に自衛して行かなければならないと考えています。

国がなんとかしてくれると期待しても、現実問題として不可能な状況だからです。

人口動態の推移から今後ますます国の財政状況が悪化することがほぼ確定しています。

ますます、増税、年金減が進んでいくのです。

これからは少しでも早いうちから自己防衛するしかありません。

資産運用の3矢戦略

「資産運用の3矢戦略」はLINE@登録者限定でお伝えしています。
「お金を増やす成功法則」LINE@登録はこちらをクリック

大きく資産を増やす方法など具体的なノウハウと同時に、金融リテラシーそのものを向上することができる様にステップでゼロから情報配信しています。

資産形成は決して1つの手段だけでは完結しません。

鉄則は分散投資です。

今の時代にどのように資産を分散して所有しておけばより効率よく経済的基盤を得られるのかについてまとめたのが、資産の3矢戦略です。

3矢とは「日本円」「外貨」「不動産」の3つです。

この3つの資産はそれぞれ特性も投資効率も異なりますしリスクも違います。

将来的にどのような経済状況になったとしても、あるいは自分自身に経済的ダメージが起きてしまっても破綻しない強固な経済的基盤づくりを目指します。

日本円、外貨、不動産をどのように組み合わせて所有しておけば良いかの戦略を3矢戦略メルマガでお伝えしています。


資産形成の成功者を沢山見て来た中で感じる事は、成功法則があるということです。

人それぞれ全く違ったやり方で大きな資産を築いたと考えがちですが、成功している人の資産形成のやり方はほとんどの方が同じやり方です。

多少の違いはあれど、基本的には同じやり方で悠々自適な生活を送っています。

決して博打や運で成功した訳ではありません。

成功するべくして成功しています。

投資を始める前から戦略を立てて、リスクヘッジをし計画通りに実践した結果大きな資産を築くことができたのです。

特にこのLINE@は、20代、30代の資産運用初心者の方におすすめします。時間を味方につけることが出来るためより有利にすすめることが出来るからです。実際に現役中にリタイアし悠々自適な生活を送っている人たちが過去何をしたのか詳細をお伝えしています。

「資産運用の3矢戦略」はLINE@登録者限定でお伝えしています。
「お金を増やす成功法則」LINE@登録はこちらをクリック