最近流行っているネットワークビジネスの現実

最近流行っているネットワークビジネスの現実

最近ネットワークビジネスという副業が流行っています。

会社員などが、気軽に始める事ができる副業という事でやっている人も多いようです。

将来の経済的リスクに危機感を持っている人が多いという事も広まる要因のひとつでしょう。

私も沢山の人とお会いしてきた中で、「一緒にやりませんか?」という誘いを頂いた経験もあります。

この記事を読んでいる人も一度は聞いた事があるかもしれません。

「確かに副業でお小遣い稼ぎはしたいけど、実際ネットワークビジネスって儲かるの?」

という疑問をお持ちの方も多いでしょう。

実際のところはどうなのかについて、お伝えしていきます。

ちなみに私はやった事はないですので、あくまでも外から観察している限りの話になります。

最近流行っているネットワークビジネスの現実

ネットワークビジネスとは


そもそもネットワークビジネスは、マルチ商法やMLM(マルチレベルマーケティング)などと呼ばれていて連鎖販売取引の総称を言います。

連鎖販売取引とは、販売形態の一種です。もっとも大きな特徴は、多段階報酬システムを採用している点です。

通常の販売形態では、販売員と顧客は別です。しかしネットワークビジネスの場合、顧客であり販売員でもあるという形態になっています。顧客(販売員)を増やしていくと自分に報酬が発生する仕組みです。

化粧品などを購入した人が、その化粧品を知り合いに進めて顧客(販売員)になれば、購入金額の一部が報酬として収入になります。また自分が顧客にした人は同時に販売員でもありますので、口コミでどんどん広がればその分収入は増えていきます。

自分が直接顧客にした人以外からも収入を得る事ができる仕組みになっている点が、「権利収入」と言われる所以です。

つまり、自分を頂点としたピラミッドの様に組織が形成され、ピラミッドが大きくなればなるほど実入りも大きくなっていきます。

 

ピラミッドの何段目までの流通金額が報酬の対象かは、各会社によってまちまちですが、例えば5段目までの流通金額が対象であれば、自分→顧客A→顧客B→顧客C→顧客Dという具合に自分が全く知らない人が購入した分からも報酬が入って来る仕組みになっているのです。

 

ネットワークビジネスの仕組みは究極の他力本願ビジネス


ネットワークビジネスをやる人のモチベーションは、自分の作った組織に優秀な人が出来れば、その人が稼げば稼ぐほど自分の収入も増えるという期待です。

もちろん純粋にビジネススキルを磨きたいという人もいるでしょう。しかし、多くの人は「権利収入」を目的にやっています。

稀に「人に会うのが好きだから」や「コミュニケーション能力を鍛えたい」からやっているという人がいますが、それならなぜあえてネットワークビジネスをやっているのか理由が見当たりません。

 

他にも副業は沢山ある中で、わざわざ世間的に怪しいとされるビジネスを選ぶメリットは1つもないのですから。

ネットワークビジネスとは、究極の他力本願ビジネスだと言えます。自分の実力ではなく、自分の下部組織が稼いでくれる事が自分の収入になるからです。

多段階報酬になっている点は、通常の会社組織とは明らかに違います。

ただ、他力本願が悪い事だと言っている訳ではありません。むしろビジネスマンとしては、他力本願で稼げるという能力はとても素晴らしい能力だとさえ言えます。それだけ協力しても良いと思っている人がいるという事ですからある意味実力とも言えます。

 

現実は厳しい


ネットワークビジネスをやる人の中には、普通の主婦や、営業未経験の会社員なども多くいます。

しかし、現実は非常に厳しいと言えます。

収入形態は完全歩合制と同じですから、固定給がある訳ではありません。あくまでも自分が顧客(販売員)を勧誘しなければ1円も収入は発生しない仕組みです。

ちょっと想像して欲しいのですが、

例えば、勧誘を受けた人は当然会社名や、商品名をスマホで検索しますよね?

そうすると、山の様にネガティブな口コミが載っている….

「怪しい」「宗教だ」「洗脳されている」などの口コミが多数出てきます。試しにネットワークビジネスやmlmで検索してみて下さい。

そんな情報を目にした人はどう思うでしょうか。まずやりたいと思いませんよね。

むしろ、勧誘してきた友人と距離を置きたくなるでしょう。

これはネットワークビジネスをやる人の現実です。

つまり、とても評判が悪い、世間のイメージが悪いビジネスです。これはどうしようもない事実です。だたのマーケティング手法の1つなのですが、世間からすれば当然の反応でしょう。

大事なのは、販売員側がネットワークビジネスについてどの様に思っているかなど関係ないという事です。

販売員は使命感を持って、本当に素晴らしい商品だからこそ広めたいと考えていたとしても、それは世間には伝わりません。一生懸命伝えれば伝えるほど「信者扱い」されるだけです。

営業を経験したこともない人が副業として成り立たせるには、相当勉強しなければならないでしょう。

ほとんど誰でも気軽にできる反面、収入を得るにはとてもハードルが高いビジネスモデルです。

 

現実は完全歩合制の営業と同じ


ネットワークビジネスは、完全歩合制の営業マンと同じです。

仕事の本質も似ていますが、報酬体系も大きな枠で言えば、同じです。

つまり、結果が出なければ一円も入ってこない報酬体系であるということです。

完全歩合で収入を得るのは、想像以上に厳しい世界です。それこそ、優秀な猛者たちがゴロゴロいます。

会社組織では、あくまでも組織の中でのライバル関係があっただけですが、完全歩合の世界ではあらゆる強力なライバルが存在しています。

しかも、会社組織の枠におさまらず自分で独立するような優秀な人達ばかりを相手にしなければならないのです。

現実は甘くないというところでしょうか。

本業とは別として、ネットワークビジネスはおすすめできないのは、実質的に稼ぐのはあまりにも難しいという点と、世間のイメージが悪すぎる点です。

仕事を始めた時点で、マイナスからスタートすることになりますので、単純に本業以外の収入を得たいからという軽い気持ちで初めてもまず上手くはいかないでしょう。

 

副業としてネットワークビジネスはありなのか


世間のイメージ含めて現実は厳しいことは間違いありません。

ではネットワークビジネスは副業としてありなのか、なしなのかと言えば、私はおすすめしません。

ネットワークビジネスのメリットは、環境が厳しいがゆえに自然とコミュニケーション能力が高まったり、人脈が増える傾向にある点ですが、それは他の職業でも可能です。

あえて、ネットワークビジネスをやる意味は無いでしょう。

手軽に始めることができるわりには、成果を出すには専門スキルや知識がなければ難しい業界です。

副収入を得たければ、他の手段を選択するべきだと思います。

例えば、インターネットを活用した副業などは代表例でしょう。情報商材は怪しい感じもしますが、ネットワークビジネス程ではありません。あくまでも、販売者と顧客は明確に線引き出来ます。(最近ではネットを活用してマルチレベルマーケティングをやっている会社もありますが)

あるいは、どこかの会社の代理店になるなどの方法もあります。

世の中には良いサービスや商品を持っていても、販売が苦手な人達は多く居ます。

そのような事業者は、代理店という営業マンを探しています。基本は業務委託契約という形で、報酬は完全歩合制です。

商品が売れたら、売り上げの一部が代理店の口座に振り込まれるという流れです。

業務委託契約は、雇用上の制限も少なく、事業者側も代理店側も縛りが少ないため副業に向いていると言えます。

たとえば、下記サイトでは様々な事業者が、代理店を募集しています。
初期費用が掛かるものもありますが、かからないものもあります。
代理店募集や業務委託の商材探しの情報比較ネット:ビジェント

とは言え、先行き不透明な経済状況や、少子高齢化による社会保障費の削減など考えれば、単純な貯蓄では到底将来の年金問題など解決できませんので、収入を上げることを考えるのは当然のことと思います。

これからは、政府主導で副業が当たり前の時代に突入していきます。

常に情報収集する必要はあるでしょう。

副業相談なども受け付けています。お問い合わせから気軽に連絡を下さい。
私が副業を勧めるというよりも、どのような副業があるのかについて、種類とメリットデメリットなどをお伝えする事が出来ますので、情報収集をするつもりでご相談ください。