コミュニケーションの基礎は自分が楽しむこと

コミュニケーションの基礎は自分が楽しむ事

コミュニケーションの基礎は自分が楽しむ事


人生においてはなんでもそうですが、自分が楽しくないことをやって良い事はありません。

コミュニケーションに限った話では無く、楽しくない事をやって良い結果になる事はないからです。因果の法則と言いますが、原因があって結果があるという法則です。

うまく行っている人達は楽しくやっています。つまらなそうにやっていたり、或いは辛い思いをしてやった結果良い結果を出したと考えるのは間違いです。

世の中には辛い経験を乗り越えて何かを成し遂げたというようなストーリーが多く、好まれます。しかし現実ではそのような事はありません。ないというよりも世の中の多くの人たちが勘違いしていると言えます。

例えば甲子園球児は、毎日、毎日厳しい練習をして辛い練習に耐えてきたからこそ甲子園に行けたと考える人が大半です。しかしその考え方自体が間違っています。

甲子園球児はただ野球が好きだからやっているだけです。本当は野球が好きでもなんでもないという甲子園球児が何人いるでしょうか。おそらくひとりもいないでしょう。

皆野球をやる事自体は好きなのです。授業が終わるのをそわそわしながら待っています。早く部活に行きたいと思っています。なぜなら野球が好きだからです。

もちろん練習メニューに嫌いなメニューはあるかもしれません。

しかし根本的に野球が大好きだから試合にも勝ちたいからこそ、他人から見れば死ぬほど努力しているように見えるだけです。

やっている本人は楽しいからやっているだけなのです。むしろ怪我をして練習できないことの方が何倍も辛い経験となります。

これは人生の本質でもあります。良い結果を出す人はそのもの自体が好きな人が多いです。練習の一部を切り取って辛い練習に耐えたというストーリーはいくらでも出来るでしょう。しかし大前提としてそのもの自体が好きなのです。やる事自体が楽しいのです。

コミュニケーションの基礎

何が言いたいかというと、上達の基礎は楽しむ事なのです。

苦労しなければ良い結果を得る事が出来ないというのは、世の中で最も多くの方が勘違いしている事だと常々感じています。

辛いことからはむしろ逃げなければなりません。やっていて辛いことであれば幾らやってもうまく行きようがないからです。

もしあなたが人とのコミュニケーション自体を好きになれないのであれば、人との会話を楽しめるにはどうしたら良いかをまず考えるべきです。

話す相手であったり、環境、話題など自分が楽し胃と思う要素をどんどん取り入れる事に注力していくべきです。その上でスキルや考え方などを学んで行けばみるみる上達して行くでしょう。

 

コミュニケーションの基礎は会話量


自分のコミュニケーション能力を向上させようとした時、基礎となるのは会話量です。どれだけの人とコミュニケーションを取っているかという事です。コミュニケーション能力を鍛えようと思った時に論理を幾ら学んでも上達はしません。

 

それは物理学を幾ら学んでも実際に自転車にまたがってみなければ漕げるようにはならないのと同じです

水泳のテキストを幾ら呼んでも実際に水に飛び込んでみなければ一生泳げるようにはならないのと同じです。

コミュニケーションスキルを幾ら学んでも、実際に人とコミュニケーションをとる経験を増やしていかなければ上達しようがないのです。

経験より強い武器はありません。より多くの人と沢山のコミュニケーションをとる事で確実に上達します。

ただし、論理やスキルを学ぶ事がなぜ重要かというと、上達すピートに大きく影響するからです。上達するには正しい論理があります。今結果の出ている論理が一番正しいと言えます。

例えば東京を出発して富士山をゴールにしたとします。その際ゴールへの行き方は沢山あります。

徒歩で行く、自転車で行く、電車で行く、車で行く、新幹線で行くなどです。また地図も必要です。そして何よりもどうやって行くかという知識が必要です。

もし富士山へ行くのに、東北新幹線に乗ったとしたらどうでしょうか?全速力でゴールから遠ざかってしまう事になります。恐らく富士山に行くのに反対方向に進む人はほとんどいないでしょう。

しかしコミュニケーション能力を向上させるなどのゴールが目に見えない、明確でない、地図もない場合は違います。「能力を身につける」というような物に関しては、まずどうやって身につけるのかという方法論の知識がない人が圧倒的に多いのです

その結果上述した富士山を目指しているにも関わらず東北新幹線に乗ってしまうというような、何年単位でお金と時間を無駄ししてしまう方が出てきてしまうのです。

正しい上達方法を学ぶという事が、コミュニケーション能力の向上には必要だということです。

 

コミュニケーションを楽しむコツ


楽しむことは全ての上達に繋がる基礎的な考え方です。多くの方が、苦労しなければ上達しない、辛い努力を乗り越えなければスキルは身につけられないという固定観念を持っています。

しかしよく考えて欲しいのですが、コミュニケーション自体が楽しくてさらに努力している人と、いやいやコミュニケーションを身に付けようとしている人では上達に天と地の差が生まれます。

だからこそ、まずはコミュニケーション自体を楽しむ事に全力を注ぐ事が能力をあげるコツです。

 

1つコツをお伝えしたいと思います。

コミュニケーションを楽しみながらスキルアップするコツは、会話で相手を喜ばせる事に集中することです。重要なことは自分の言いたい事や、自分が喋りたい話をあえてしないことです。相手が楽しい話に100%乗って相手を楽しませる相槌に集中することです。

誰もが自分の好きな物や興味ある話を熱心に聞いてくれる人を求めているものです。相手の興味ありそうな話があれば徹底的に質問していく事で相手が興奮して来るくらい話を聞き出す事ができればあなたのコミュニケーション能力はかなり高い証拠です。

なぜかというと、相手が楽しくて興奮する位の聞き手になるには、相手が好きな話を察知しなければなりませんし、上手に質問や相槌を入れる必要もあるからです。

まずは相手が喜ぶ事に集中する事が、最終的に自分も楽しくコミュニケーションスキルを高めるコツだという事です。ぜひ実践して見て下さい。

コミュニケーション能力カテゴリの最新記事