カテゴリー

引越しの初期費用を安く済ませる方法

高額な引越し費用

引越し費用は高すぎる

引越し時の初期費用って大体家賃の5ヶ月分必要です。家賃が10万円とすると、敷金、礼金で3ヶ月分、前家賃、仲介手数料で2ヶ月分、合わせて5ヶ月分というように。高いです。

引っ越し代まで入れれば相当な金額になります。初めて引っ越しをした方は「こんなにお金がかかるものとは知らなかった」という方も多いようです。

今回はそんな引っ越しを少しでも安く済ませることが出来るかもしれない話をしたいと思います。私は不動産管理業務に携わっていてそれまでは全くの無知でした。

しかし徐々に不動産業界の内側の仕組みも分かるようになり、そんなお話がお役になてるのではと考えています。

 

引っ越し時にかかる費用はどの位?

引っ越し時にかかる費用は、主に入居費用、引っ越し代金の2つです。

新しい物件に入居する際には賃貸契約を結美ます。その際に前家賃、敷金、礼金などを一括で支払う必要があります。引っ越し代金は、引っ越し業者に支払うお金です。

一人暮らしで同じ市内に転居した場合の例を示します。

賃貸契約時にかかる費用が結構高いですね。

敷金が2ヶ月必要な物件もありますので、その場合敷金2、礼金1、前家賃1、仲介手数料1で初期費用に家賃の5ヶ月分がまとめて必要になります。

表の引っ越し代金では、近場への転居を想定していますので、県外や距離が遠くなればもっとかかることになります。

私は四国から静岡に引っ越しをした際(家族5人)、なんだかんだで100万円ほどかかりました。

確実に安く引っ越しをしたい場合には、仲介手数料を安く済ませるなど情報収集すると良いでしょう。

 

仲介手数料とは

賃貸契約時に支払う仲介手数料はご存知だと思います。

賃貸物件には必ずオーナーさん(所有者)がいます。オーナーさんは物件の持ち主ですが、部屋の管理や入退去時の手続き、家賃の徴収業務、入居者の募集などを自分でやるのは難しいことが多いです。

そこで不動産業者に依頼して、代わりに業務を委託しています。つまりオーナー代行業のようなものです。ですので仲介手数料というお金が発生します。

不動産業者は、オーナーと入居者を仲介する役割を担っているからです。仲介手数料とは不動産会社に支払う手数料になります。

 

業界では常識、広告料(AD)の存在

法律上、仲介手数料は1ヶ月分が上限となっています。しかし、物件によってはオーナーさんが不動産業者に入居ごとに家賃一月分の手数料を支払っている場合があります。

オーナーさんからすれば、自分の物件を優先的に紹介して欲しいですから不動産業者に広告料として、入居が決まった場合手数料をあげるよと指定している場合があるのです。

その手数料が家賃一月分の場合、AD100と言います。

仲介手数料の100%という意味です。

このADは物件ごとに設定されています。つまり不動産屋からすれば、AD100の物件を紹介した場合、オーナーさんから一月分、入居者から一月分の合わせて2ヶ月分の手数料をもらえる訳です。本来一月分しかないはずの、仲介手数料が2倍になります。

ですからAD100の物件であれば、入居者から手数料を取らなくてもオーナーさんから貰えば利益は出るになります。

AD100の物件かどうかは業者の知るところですので、入居者には把握できませんしかし、そういう知識があれば不動産屋と交渉はできると思います。

どうしても手数料を抑えたい場合は、思い切ってAD100の物件で手数料を安くしてくれないか交渉してみるのも良いでしょう。

また一部の良心的な不動産屋ではこのADを公表している業者もあります。その場合仲介手数料は頂きませんという良心的な業者です。そのような業者を探すのも手だと思います。

この記事を書いた人

大西真人(オオニシマサト)
Instagram:  大西真人Instagram
メディア出演(おかえりすまいる生放送ゲスト出演など)や講演実績も多数あり。不動産、保険からクレジットカードまで幅広い専門知識を活用した、資産運用提案ができる数少ないFP。様々な専門知識があるからこそ出来る解決策を提案している。
個人のFP相談件数は1000件を超える。


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス