怪しすぎる仮想通貨

2018年1月18日

仮想通貨とは何か?

仮想通貨の成り立ち

最近「仮想通貨」という言葉をメデイアでも目にする機会が増えてきました。

仮想通貨とは何なのか?

もともと海外の頭の良い人たちが、

「海外送金を24時間瞬時に手数料も掛からず出来たら良いよね」

という発想で作ったのがビットコインです。

海外送金には為替手数料や銀行の受け取り手数料、直接送金出来ない場合仲介手数料など2重3重の手数料がかかり、高額な手数料が発生します。

そこでオンライン上の通貨があればインターネットですから、瞬時に送金できて手数料も掛からないという訳です。

 

代表格はビットコインですが、ビックカメラやメガネスーパーなどですでに決済可能となっています。

これからますます増える可能性はあります。

仮想通貨で決済は変わるのか

三菱UFJ銀行は、独自の仮想通貨である「MUFGコイン」の導入を決めています。

では今ビットコインを持った方が良いのかというと、当然ですがハイリスクハイリターンです。

今の世の中で、所持するだけで何十倍も価値が上がっている(キャピタルゲイン)ものはビットコイン以外ありません。

 

ビットコインは限界の発行枚数が決まっていてそれ以上は増えない仕組みになってます。

イメージでいうとに近いです。

金は埋蔵量が決まってますから、今後価値が大きく下がることがないです。

ビットコインも発行量が決まっていますので、使われ続ける限り価値が大きく下がることはないでしょう。

 

ただ法律や安全性の問題でどれほど浸透するかは今は分かりません。

2、3,年前まで、数万円の価値だったものが、今100万円弱にもなっていますので、当時からビットコインを持っていた人は相当な価値になっているでしょう。

ただあくまでもキャピタルゲインしかありません。

株や不動産の家賃収入のように持っているだけでお金を生み出す仕組みはありませんので、やはり一時的な投資対象です。少額で持っておいても損はないかと思います。