クレジットカード選びの基礎知識

クレジットカード選びの基礎知識

クレジットカードを選ぶ基準

クレジットカードは沢山ありますから、どれを選ぶか非常に悩ましい所だと思います。そんな方のために、クレジットカード選びの基礎知識として仕組みをご紹介いたします。実はクレジットカード選びのご相談内容はだいたい決まっています。

「どうやって選べば良いか分からない」

「ポイントの使い方が分からない」

「キャッシング枠を増額したい」

「審査に通るコツはあるか」

こんな感じです。日本人は世界トップクラスのクレジットカード保有率です。
しかしクレジットカード利用率では後進国です。持っているだけの人が大半です。

非常に勿体無いと思います。
クレジットカードを発行している会社はユーザーの為に様々な特典を用意しているからです。
この特典のあり方が非常に複雑になってる為上手に活用できない人が多いのだと思います。
また選ぶ際に迷ってしまう原因でもあります。

クレジットカードは実に様々な種類があります。
クレジットカードを発行している会社は沢山ありますがそれ以上に複雑にしているのは提携先です。

クレジットカードは発行会社提携会社国際ブランドの3つの要素が組み合わさって1枚のカードになっています。
しかも発行会社は他社のカードの提携先になっていることもあり、見た目はあまり変わらないにも関わらず、サービスが異なるなどの状況になっています。

発行会社重視で選ぶのか、提携先中しで選ぶのか、
人によって様々な理由はあるかと思いますが、自分のライフスタイルにあったクレジットカードを選ぶ事ができればとてもお得に生活できます。

 

発行会社とは

発行会社とはクレジットカードを発行している会社です。大元の会社です。

クレジットカード代金の請求をユーザーにします。
他にもカードのポイント還元率を決めたり、付帯する保険を決めたりしています。
つまりクレジットカードのスペックを決めているのが発行会社になります。

ですからクレジットカードを選ぶときに重要視しなければならないのは、どこが発行しているかです。必ず発行会社をチェックしましょう。

クレジットカードは見た目ではどこが発行しているか分かりにくい場合があるからです。
見た目が殆ど同じにも関わらず、スペックが全然違うカードもあります。

後述しますがクレジットカードの見た目は提携先が目立つ様にデザインされている場合が多いからです。

発行元の会社は、大体が裏面の下にかかれてある事が多いですので、チェックして見ましょう。

 

提携先とは

提携先とはその名の通り、
クレジットカードを発行している会社と提携している会社のことです。

例えば、パルコカードを例にとってみます。
パルコは有名なファッションビルですがパルコカードというカードを持っている方が結構いらっしゃいます。
あのカードは発行会社はセゾンで、提携先がパルコになっています。

パルコカードという位ですから株式会社パルコが発行しているのかと思いきやセゾンが発行元になっています。

つまりパルコカードのカードスペックは基本ゼゾンカードと同じです。
ですからパルコカードではセゾンが付与している永久不滅ポイントが貯まるわけです。

提携先でクレジットカードを使うと特典がつくくらいの話ですから、提携先でクレジットカードを選んでもあまり意味はないということです。あくまでも発行元で選びましょう。

「パルコカードを持っているのに、請求はセゾンから来た」

というのは、そもそもカードを発行しているのが、セゾンだからです。

 

国際ブランドとは

国際ブランドとは、AMEX、Diners Club、VISA、Mastercard、JCBのことを言います。他にもありますがメインは上記の5つです。

クレジットカード決済機能のライセンス企業だと考えていただければ分かりやすいと思います。クレジットカード発行会社は必ずどこかのブランドに許可を得なければ決済ができない様になっています。

ですのでどのカードにも必ずどこかのブランドが印字されているはずです。

ただ、国際ブランドはあまりカードのスペックには影響しません。

どこで使えるかが決まるだけです。

JCBでしたら国内では一番使える店舗数が多いですが、ヨーロッパやアメリカでは使えないかもしれません。
逆に、VISAは世界中とこでも使いやすいです。
AMEXやダイナースはJCBと提携していますので実は国内では一番使えるカードになります。

ですからJCBとVISAを一枚ずつ持っておけば国内でも海外でも使えないことはないでしょう。

 

クレジットカードはマイル効率で選ぶ

クレジットカード選びの基礎知識に加えて知って追いたいのが、マイルについてです。多くの人は、ポイント還元率や、よく行くお店の割引に使えるなどの理由でカードを作る人が多いです。しかし、クレジットカードはマイル移行率で選んだ方が圧倒的にお得になります。

マイルとは、航空券専用のポイントです。貯まったマイルで航空券を購入する事ができます。
クレジットカードで貯まったポイントをマイルに移行出来るのですが、
この時のレートをマイル移行率といいます。

マイルで使うとどれ位お得かというと、還元率で言えば3%〜15%にもなります。

全ての支払いが10%割引で購入出来るとしたらどれ程価値があるか想像できると思います。
ポイントをポイントとしてそのまま使うのは実は一番損な使い方になります。

クレジットカードのマイル活用術については、こちらの記事に詳しく書いています。

クレジットカードを選ぶ際に、還元率はチェックする人が多いと思います。
多いのは、還元率が1%程度のカードが非常に多いです。

自社で買い物をしてくれたら、ポイントを○倍にします!というようなサービスがあったりします。

ポイントの還元率ももちろん大事ですが、
貯まったポイントをマイルに移行する際にどの位のレートで移行できるかも見てみると良いでしょう。

 

クレジットカードの選び方カテゴリの最新記事