特別ウェブセミナー開催中

マイナス金利って何がマイナス?

経済ドーピング「マイナス金利」発動!

マイナス金利の本当の意味

2016年1月29日に非常に大きな出来事が起きました。

マイナス金利の導入です。
マイナス金利とは何がマイナスなのか?

少なくとも、メガバンクなどの民間の銀行金利はマイナスにはなっていません。
ほとんど0%ですが。。。

銀行は顧客から預金として集めたお金を、日本銀行に預けています。
国債を購入する形でお金を預けているのです。

銀行は国民から大量の現金を預かっていますから、少しでも運用できれば相当な利益になります。
また利益が出れば預金者に還元できます。
本来は、それは利息となり預金は増えていく仕組みになっています。

ただ、国民の預金ですから株などリスクがあるもので運用することはできません。
減ってしまうと大変なことになるます。

そこで、リスクがなく確実にちょっと増える日本国債で運用する訳です。

国債とは国にお金を貸している借用書です。

お金を貸している訳ですから、利息がもらえます。
マイナス金利とはその国債の利息がマイナスになったということです。

つまり、お金を貸している銀行側が日銀から手数料を取られてしまうことを意味します。

銀行のお金はもともと私たち国民の預金です。

簡単に言うと、マイナス金利は国民の財産を没収することに等しいことなのです。。。

マイナス金利とは、もともと銀行のお金を企業や個人に貸し付けることで経済を活性化するための緊急的な措置になります。
銀行側は、国債で運用すると手数料を取られるだけですから、貸倒れなどのリスクが多少あっても、企業などに貸し付けた方が良いと言う判断になるからです。

 

超低金利時代の極みである、マイナス金利

すぐに国民に悪影響が出るわけではありませんが、少なくとも普通預金金利は下がりました

これ以上下げようがないので、0%です。
メガバンクの金利は0.001%です。
定期預金金利でさえ、0.025%程度です。

国債金利がマイナスですから、銀行も預金者に利息をつけるのはなかなか難しい状況です。

しかし預金者からするともはや無利息でお金を貸し付けているのと同じです。
お金を貸しているわけですから普通金利がついて増えるはずです。

ところが今は、時間外手数料や振込手数料でむしろマイナスになります。

お金を貸した方が、減るなんて本来はあり得ないのですが、、、

今や銀行預金は完全に元本割れの金融商品です。
預ければ預けるほど損する商品なのです。
少しでも預金は減らして違う場所にお金を置いておくべきです。

外貨なら3%運用も可能ですから300倍の利息です。

世界から見た日本円の価値は低下する一方です。

実はこれだけ金利が低いと、クレジットカードの還元率が余計に引き立ってきます。
還元率1%でも預金金利の100倍ですから、支払いを全てクレジットカードにすればかなりお得ですね。

クレジットカードで銀行預金はできませんが、実際貯金しながらポイントを貯めることが可能です。
銀行預金とは比較にならないほど投資効率が良い方法です。
しかも安全です。

多くの人が買っているものをクレジットカード払いにするだけです。
クレジットカードの活用は、支払い方を変えるだけですから、リスクはありません。

銀行預金はあてに出来ませんから、保険会社の貯蓄商品を活用したり、リスクヘッジした上で、
積極的な投資をしたりする事が必要になって来るでしょう。

これからは、まさに国民一人一人に金融知識が求められる時代になって居るのです。