カテゴリー

お金の基礎を学ぶ

お金の歴史を学ぶ

貨幣と呼んだり通貨と呼んだりすします。1万円札はただの紙切れです。土地や金やダイヤモンドと違い本当に1万円分の価値がある訳ではありません。日本銀行が専用の紙に印刷しているただの紙でしかありませんよね。この紙になぜ価値があるのか考えたことはありますか?皆お金の価値を当たり前のように疑うことなく使用しています。どうやって価値を維持しているのか考えてみると不思議です。

貨幣の誕生は物々交換を便利にするためです。統一された価値基準を作り自分の必要なものをいつでも手に入れることが出来るようにしたのです。はじめに生まれたのは貝殻や骨でした。その後製鉄技術が発達し硬貨が誕生したのです。硬貨は重く運びにくく、保管が大変でしたので保管屋ができ預かり証を発行するようになりました。

金貸し屋ができ、勝手にお金を作っては価値がどんどん下がるので物価を維持するために中央銀行ができと発展し現在のシステムになっているのです。物々交換を基礎として、どんどん便利さを追求してきた結果現代のシステムまで進化したと言えます。

お金の基礎を学ぶことで、世の中の動きや経済の仕組みが理解でき、お金を貯めやすくなりますので必要な知識だと言えます。

 

ある日お金が「ただの紙」になる可能性も

昔は、すべてのお金は金に変えることができる金本位制という制度をとっていました。今は「信用貨幣」という仕組みで成り立っていますつまり国民が価値がると「信用」することで成立しています。ですから誰も「信用」しなくなれば価値はなくなりお金は「ただの紙」になってしまうということです。

日本国が、日本銀行券という印字をし、公務員の給与や税金を日本円で収めるよう法律で定められています。日本という国が価値を担保していますから国民はそれを信じることができます。万が一日本が経済破綻してしまえば、その国の通貨は「紙くず」になる可能性は決してゼロではないのです。そんなことになれば銀行にお金を貯めているだけの人は大変な事になります。

 

もし日本のお店で日本円が使えなくなったら…

それでも一万円札には価値があるでしょうか?使えないものには価値は無いですから、ただの紙くずですね(笑)金や土地なら欲しい人がいますか価値はゼロにはなりませんしかし通貨は使っている人がいるからこそ価値を維持できます。いくら支払いたくても誰も受け取ってくれる人がいなければ成り立たないからです。簡単に言えば、税金は日本円で支払いますし、公務員の給与も日本円です。法廷通貨としても指定されています。ですから国民は日本円を信じることができます。明日から米ドルでしか税金は支払えません、公務員の給与も米ドルにします。そうなれば米ドルが日本の通貨になるでしょう。

 

国民が「信用」しなければ成り立たない

「日本円」は国家がその価値を保証しています。国民はそれを「信用」することで価値が担保されるのです。通貨とは「信用」で成り立っているということです。「信用」は決して国内だけの話ではありません。世界からの「信用」もあります。もし世界中の投資家が日本円は信用できないから買わないという状況になれば大変なことになります。日本円の価値はどんどん低下していきます。「円安」です。極端な話1ドル1,000円や10,000円になる可能性もあるのです。海外旅行行けなくなります。。。日本がこのまま財政赤字を続ければ将来そうなる可能性もあるのです。

今日本は、国債という借金によって毎年の支出をまかなっている状態です。日本の経済状態は決して良くありません。本来は、国民の税収を基礎として予算を組むべきですが、日本は歴史的に借金でまかなってきてしまったのです。特に大きな支出は年金です。毎年100兆円の予算のうち、半分の50兆円のお金を年金に使っています。日本の社会保障はどんどん縮小傾向にあります。少子高齢化が原因です。税金を収める人口の割合がどんどん減少し、逆に医療や介護、年金など受け取るだけの人達の割合が増えています。その傾向はますます強くなっています。2025年問題や2050年問題などと言われています。もしこのまま毎年借金を続けていけば、いつかは必ず経済破綻します。国債は日本の銀行に眠っている莫大な預金資産が原資となっていますが、いくらお金があったとしてもいつかは底を突きます。そうなれば、日本国内では国債が発行できませんので、海外から資金調達することになりますが、そうなれば本格的に厳しい経済状況になってしまいます。

過去経済破綻した、ギリシャやトルコ、アルゼンチンなどと同じ道をたどる可能性もあるのです。もはや国は国民を経済的に保障する事が難しくなってきています。だからこそ、我々国民は国の補助がなくても経済的に自立するため、早いうちからお金について学んでおき、自己防衛していく必要があると考えています。

茹でガエルと同じで、気付いた時には時すでに遅しでは取り返しがつかないですから。